<< 2017年09月27日のつぶやき | main | 2017年09月28日のつぶやき >>

幼少期の植皮の傷跡で悩んでいます。きずあと・傷跡レーザーで名医で有名な,東京都にある,世田谷の,山本クリニックにレーザー治療を御願い致します。

幼少期の植皮の傷跡で悩んでいます。きずあと・傷跡レーザーで名医で有名な,東京都にある,世田谷の,山本クリニックにレーザー治療を御願い致します。















山本クリニック世田谷,の公式ホームページ
形成外科の公式ホームページ 東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザー治療東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザー治療東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザーの知識 そして 東京都にある,世田谷の,山本クリニック世田谷,の酒さのレーザー治療相談掲示板東京都にある,世田谷の,山本クリニック世田谷,の酒さレーザー治療のホームページ山本クリニック世田谷
























皮膚移植のあとの手術の傷痕の傷痕専門でレーザー専門の,山本クリニック,世田谷,東京都,の本物のレーザー治療を受けたい。兵庫から週一回通院到します。34歳女性。 小児期の皮膚移植の胸の傷痕で悩んでいます。傷痕レーザーでは名医で有名な山本クリニック,世田谷,東京都,に、レーザー治療を御願い致します。 幼少期の植皮の傷跡で悩んでいます。きずあと・傷跡レーザーで名医で有名な,山本クリニック,世田谷,東京都。 手術の傷痕レーザー専門の山本クリニック,世田谷,東京都,の本物のレーザー治療を受けたい。 兵庫から週一回通院到します。34歳女性。 幼少期の植皮の傷跡で悩んでいます。きずあと・傷跡レーザーで名医で有名な山本クリニック,世田谷,東京都。 手術の傷痕レーザー専門の山本クリニック、 世田谷、東京都,の本物のレーザー治療を受けたい。 兵庫から週一回通院到します。34歳女性。
幼少期の植皮の傷跡で悩んでいます。きずあと・傷跡レーザーで名医で有名な山本クリニック、 世田谷、東京都。 手術の傷痕レーザー専門の山本クリニック,世田谷,東京都,の本物のレーザー治療を受けたい。 山本クリニック,世田谷,東京都の治療を受けたいです。兵庫から週一回通院到します。34歳女性。 幼少期の植皮の傷跡で悩んでいます。きずあと・傷跡レーザーで、権威、名医で有名な,山本クリニック,世田谷,東京都。手術の傷痕レーザー専門の山本クリニック 世田谷、東京都,の本物のレーザー治療を受けたい。 植皮の傷跡レーザー治療で名医で有名な世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都にレーザー治療御願い致します。




きずあと・傷痕・傷痕色素沈着・ケロイド・傷痕傷跡レーザー治療専門医・。 きずあと・傷痕・創傷の痕・創傷の跡・けがの跡・怪我の跡・怪我の痕・かおのきず・顔のきず・ケロイド・色素沈着・ 傷痕レーザー・レーザー専門医・。 美容整形,山本クリニック,世田谷,東京都。




「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」の 「テクニック」にはさまざまなものがあります。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「「生まれたときから 胸の中央部に黒い痣があり、幼少の時(4〜5歳)に皮膚移植の手術をしました。」 との事ですが。 この 「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」は 植皮の種類 あるいは分類法に関しては。 「手術手技の進歩」はめざましく「栄養血管の解剖学的新知見」など もあって。 植皮を含む組織移植術の分類や定義を一元的に説明するのは 難しくなっておりますが。 => 現在では「植皮」は分層植皮あるいは全層植皮を意味するとされます。 「分層植皮術 split thickness skin grafting : STSG」は 移植部位は外力に弱く 拘縮・色素沈着を起こしやすいものです。また採皮部には面状の跡が残ります。 また 「全層植皮術 full thickness skin grafting : FTSG 」は 移植した皮膚の性質は時間を経過しても、 移植部位周囲の皮膚の性質に近づくことはあり得ません」。 よりまして 御相談者が「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」 をうけられたときから。 「痣はなくなりましたが、移植した皮膚とは肌質が違うので目立ちます。 大きさは、縦7センチ・横5センチの楕円形の様な形です。」 という「症状・症候」にいたる「運命」であったのです。 「御受け持ちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることがよくわかります。 今現在。 このうえさらなる「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」 にて「治療戦略」を模索してはいけない。 「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー :ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」 の「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 により「治療戦略」をとるべきでしょう。 ちなみに。 傷痕レーザー治療の場合ときおりキーワードになる 「CO2(炭酸ガス)レーザー」は「忘れてください」。 綺麗に直したいものです。




【62】 題名:幼少の時(4〜5歳)に皮膚移植の手術の傷痕レーザー治療 相談者:匿名希望 年齢:34 性別:女性 地域:北海道  山本クリニック様 【皮膚移植の痕について】 教えて頂きたいことがあります。 生まれたときから 胸の中央部に黒い痣があり、幼少の時(4〜5歳)に皮膚移植の手術をしました。 移植した皮膚は、腿のつけねのVライン(片方)でした。 痣はなくなりましたが、移植した皮膚とは肌質が違うので目立ちます(現在34歳) 大きさは、縦7センチ・横5センチの楕円形の様な形です。 普段は見えないところですが…やはり大変気になります。 当院のレーザーで移植痕もきれいにできるのでしょうか? それともまた皮膚移植なりしなければならないのでしょうか? お忙しいとこと申し訳ございませんが、 回答頂けると助かります。   この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=62 http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=62 です。 さぞかしに御心痛の事とかんがえます 御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。 ++++++++++++++++++++++ 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」の 「テクニック」にはさまざまなものがあります。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「「生まれたときから 胸の中央部に黒い痣があり、幼少の時(4〜5歳)に皮膚移植の手術をしました。」 との事ですが。 この 「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」は 植皮の種類 あるいは分類法に関しては。 「手術手技の進歩」はめざましく「栄養血管の解剖学的新知見」など もあって。 植皮を含む組織移植術の分類や定義を一元的に説明するのは 難しくなっておりますが。 => 現在では「植皮」は分層植皮あるいは全層植皮を意味するとされます。 「分層植皮術 split thickness skin grafting : STSG」は 移植部位は外力に弱く 拘縮・色素沈着を起こしやすいものです。また採皮部には面状の跡が残ります。 また 「全層植皮術 full thickness skin grafting : FTSG 」は 移植した皮膚の性質は時間を経過しても、 移植部位周囲の皮膚の性質に近づくことはあり得ません」。 よりまして 御相談者が「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」 をうけられたときから。 「痣はなくなりましたが、移植した皮膚とは肌質が違うので目立ちます。 大きさは、縦7センチ・横5センチの楕円形の様な形です。」 という「症状・症候」にいたる「運命」であったのです。 「御受け持ちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることがよくわかります。 今現在。 このうえさらなる「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」 にて「治療戦略」を模索してはいけない。 「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー :ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」 の「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 により「治療戦略」をとるべきでしょう。 ちなみに。 傷痕レーザー治療の場合ときおりキーワードになる 「CO2(炭酸ガス)レーザー」は「忘れてください」。 綺麗に直したいものです。 下記に順を追って御回答致します。 ++++++++++++++++++++++ #1 ##1 「山本クリニック様 【皮膚移植の痕について】 教えて頂きたいことがあります。 生まれたときから 胸の中央部に黒い痣があり、幼少の時(4〜5歳)に皮膚移植の手術をしました。 移植した皮膚は、腿のつけねのVライン(片方)でした。 痣はなくなりましたが、移植した皮膚とは肌質が違うので目立ちます(現在34歳) 大きさは、縦7センチ・横5センチの楕円形の様な形です。 普段は見えないところですが…やはり大変気になります。 当院のレーザーで移植痕もきれいにできるのでしょうか? それともまた皮膚移植なりしなければならないのでしょうか? お忙しいとこと申し訳ございませんが、 回答頂けると助かります。」 との事です。 ##2 この御相談の「御回答」を御理解されるうえで 「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」 について覚えておかれていただくことがあります。 ##3 「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」 につき。 #2・#3・#4・#5に簡単にご説明致します。 #2 ##1 「皮膚移植:ひふいしょく」は「植皮:しょくひ」とも呼称致します。 ##2 「植皮:しょくひ」は、ドナー部位、 またはドナーの皮膚を採皮し創傷などへ貼付縫合する事です。 「植皮術」「皮膚移植」などとも呼称されます。 ##3 さてこの「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」に際しては。 移植移植皮膚の生着のためには、 移植片と移植床に血管網の再構築が必要となります。 ##4 移植床には良好な血行が要求されます。 血行の悪い部位への皮膚の移植には「遊離植皮術」は不適切であるので 他の移植術が「治療戦略」としておこなわれます。 ##5 皮膚を遊離移植した場合に1〜2日目は移植床の創面より漏出した 血漿により栄養・湿潤状態が保持されます。 ##6 3〜4日目で移植片と移植床の毛細血管が直接吻合、 5〜8日目に血行が再開することで生着が完成到します。 ##7 皮膚は患者自身あるいは一卵性双生児から採ったものでなければ永久生着しません。 (##8 ただし 広範囲熱傷のように。 しかも救命のため植皮を速やかに行わなければならない場合、 スキンバンクのものや家族から採皮して植皮する方法が採られることもあります。 「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」の本来の目的からは はずれておりいたしかたなくも 同種皮膚は1週間〜10日間で脱落してしまいます。) #3 ##1 植皮の種類 あるいは分類法に関しては。 「手術手技の進歩」はめざましく「栄養血管の解剖学的新知見」など もあって。 ##2 植皮を含む組織移植術の分類や定義を一元的に説明するのは難しくなっています。 現在では「植皮」は分層植皮あるいは全層植皮を意味するとされます。 ##3 ###1 遊離植皮術 血行を途絶した皮膚を移植する方法で、移植する皮膚の厚さにより、 大きく2つに分類されています。 =>##4 ##4 ------------------------------ 1・####1 分層植皮術 split thickness skin grafting : STSG =>#4 と####2 全層植皮術 full thickness skin grafting : FTSG =>#5 の「2つ」です。 ------------------------------ ##5 ##4につき #4・#5におのおのに詳述到します。 #4 「分層植皮術 split thickness skin grafting : STSG」 について。 ##1 一般的に薄く採るほど生着もよく採皮部の上皮化も早いのです。 ##2 けれども 移植部位は外力に弱く、 拘縮・色素沈着を起こしやすいものです。また採皮部には面状の跡が残ります。 ##3 真皮の厚さで3つに分類されます ------------------------------ ###1. 薄目分層植皮 0.15-0.2mm 網目状薄目分層植皮 採取した移植片に切れ込みを入れて網目状に加工することで 被覆面積を大きくする方法です。 それに対し、加工を加えず移植する方法をシート状分層植皮といいます。 薄目分層植皮以外の植皮片に切れ目を入れることもあるが、 血腫予防のドレナージを目的とするため網目状の植皮とは区別到します。 ###2.中間分層植皮 0.3-0.4mm ###3.厚目分層植皮 0.6-0.7mm 採皮創は縫縮するか分層植皮をおこなって閉鎖到します。 ##4 分層植皮術 split thickness skin grafting : STSG とは上記のような「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」 の「治療戦略」です #5 「全層植皮術 full thickness skin grafting : FTSG 」 ##1 表皮と真皮を全て移植する方法です。 採皮創は縫縮するか分層植皮をおこなって閉鎖到します。 ##2 移植した皮膚の性質は時間を経過しても、 移植部位周囲の皮膚の性質に近づくことはあり得ません。
#6 ##1 有茎植皮術 血行を保って皮膚を移植する方法です。 本来は「皮膚弁cutaneous flap」を意味到します。 ##2 皮弁とも呼ばれますが。現在ではほとんど使われない用語となりました。 ##3 *「皮弁」は「flapの訳」として定着してしまったのですが。 元来 「flap」は「組織の固まり」を意味到します。 ##4 「移植する組織の構成成分を問わない表現」です。 ##5 したがって「皮弁」といった場合、 「皮膚弁」を意味するのか「flap」を意味するのか判断できません。 ##5 これを嫌って。 flapを「フラップ」と表現することもあります。 #7 ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」の「テクニック」 としては。 =>##2 ##2 「遊離植皮術 」= 血行を途絶した皮膚を移植する方法」でおこなわれたようです。 ##3 「分層植皮術 split thickness skin grafting : STSG」か 「全層植皮術 full thickness skin grafting : FTSG 」かは 判断できません。 ##4 「分層植皮術 split thickness skin grafting : STSG」では 「移植部位は外力に弱く、 拘縮・色素沈着を起こしやすくまた採皮部には面状の跡が残ります」。 「全層植皮術 full thickness skin grafting : FTSG 」では 「表皮と真皮を全て移植する方法です。 採皮創は縫縮するか分層植皮をおこなって閉鎖到します。 移植した皮膚の性質は時間を経過しても、 移植部位周囲の皮膚の性質に近づくことはあり得ません」。 ##5 よりまして 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「生まれたときから 胸の中央部に黒い痣があり、幼少の時(4〜5歳)に皮膚移植の手術をしました。 移植した皮膚は、腿のつけねのVライン(片方)でした。 痣はなくなりましたが、移植した皮膚とは肌質が違うので目立ちます(現在34歳)」 との事ですが。 ##6 幼少の時(4〜5歳)に皮膚移植の手術をされたときから 「移植した皮膚の性質は時間を経過しても、 移植部位周囲の皮膚の性質に近づくことはあり得ません」から 「移植した皮膚とは肌質が違うので目立ちます」というように かならずや成長されるとともに至ります。 ##7 これは「もうお小さい時」に「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」 をされたときから。 今現在の「症状・症候」は予想され「運命づけられて」いた 「症状・症候」なのです。 #8 ##1 「痣はなくなりましたが、移植した皮膚とは肌質が違うので目立ちます・略・ 大きさは、縦7センチ・横5センチの楕円形の様な形です。 普段は見えないところですが…やはり大変気になります。 当院のレーザーで移植痕もきれいにできるのでしょうか? それともまた皮膚移植なりしなければならないのでしょうか?」 との事です。 ##2 「当院のレーザーで移植痕もきれいにできるのでしょうか? それともまた皮膚移植なりしなければならないのでしょうか?」 との事です。 ##3 御相談者がもう絶対にしてはいけないことがあります。 「また皮膚移植なりしなければならないのでしょうか?」 => 「全層植皮術 full thickness skin grafting : FTSG 」 「分層植皮術 split thickness skin grafting : STSG」 にかぎらず 「またあらたな「傷痕」が「発生」致します。 ##4 「よく「刺青:tatoo」の消去」に 「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」などと いわれますが「とんでもない間違い」です。 #9 ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 傷痕レーザー治療による「治療戦略」が最適であり ほかに「方法論」はないと思います。 ##2 傷痕レーザー治療でときおり「CO2(炭酸ガス)レーザー」 が「レーザー光照射装置」としてあげられることが あります。 =>##3 ##3 「CO2(炭酸ガス)レーザー」は 「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 の効果を「出せません」から 適切ではありません。 ##4 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 の「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」 とは難しい用語なのですが。 ##5 「形成外科」「治療戦略」としては定着した用語であり。 「rejuvenation・リジュビネーション」とは 「rejuvenation=re(再び)+juben(思春期・若さ)+ation(しましょう)」 という「意味」です。 ##5 「10億分の1秒」で高エネルギーの「1ショット」を毎秒10ショットする「高速レーザー」「Qスイッチ」 の「エネルギー・スイッチ」のついた 「超高性能Qスイッチレーザー光照射」で 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 は初めて「可能」になります。 ##5 赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人のお顔であれば 「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。 ##6 現実的には 傷痕レーザー治療として。 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「 レーザー・リサーフエシング」 は 「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」 の独壇場です。 #10 ##1 再度御注意下さい。 ##2 傷痕レーザー治療でときおり「CO2(炭酸ガス)レーザー」 が「レーザー光照射装置」としてあげられることが あります。 =>##3 ##3 「CO2(炭酸ガス)レーザー」は 「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」= 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 の効果を「出せません」から まったく適切ではありません。 ##4 「CO2(炭酸ガス)レーザー」は傷痕レーザー治療になんら 意味を持ちません。 ##5 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 #11 ##1 「生まれたときから 胸の中央部に黒い痣があり、幼少の時(4〜5歳)に皮膚移植の手術をしました。 移植した皮膚は、腿のつけねのVライン(片方)でした。 痣はなくなりましたが、移植した皮膚とは肌質が違うので目立ちます(現在34歳) 大きさは、縦7センチ・横5センチの楕円形の様な形です。 普段は見えないところですが…やはり大変気になります。 当院のレーザーで移植痕もきれいにできるのでしょうか? それともまた皮膚移植なりしなければならないのでしょうか?」 との事です。 ##2 「「生まれたときから胸の中央部に黒い痣があり」がいかなる 「病態概念」の「名称」に相当するものか推察はできませんが。 ##3 成人されてから「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」= 「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」 にて「治療戦略」をたてれば 万事非常に「うまくいった」とは考えますが。 「過去のこと」を論じても始まりません。 ##4 「御受け持ちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることがよくわかります。 #12 ##1 「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」「部位」 への「レーザー光照射」に関しましては 御相談者の御相談内容要旨御記載の「部位と範囲」と「性状」は ことなりますが。 =>##2 ##2 山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から。 自傷痕の未移植部と皮膚移植部分一緒にレーザー治療可能? [2] [2008年11月 2日 16時34分51秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/285022574084909.html を御参照頂けますか。 #13結論: ##1 御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。 ##2 上記御解答致しました。 ##3 「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」の 「テクニック」にはさまざまなものがあります。 ##4 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「「生まれたときから 胸の中央部に黒い痣があり、幼少の時(4〜5歳)に皮膚移植の手術をしました。」 との事ですが。 この 「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」は ##5 植皮の種類 あるいは分類法に関しては。 「手術手技の進歩」はめざましく「栄養血管の解剖学的新知見」など もあって。 植皮を含む組織移植術の分類や定義を一元的に説明するのは難しくなっており。 => 現在では「植皮」は分層植皮あるいは全層植皮を意味するとされます。 ##6 「分層植皮術 split thickness skin grafting : STSG」は 移植部位は外力に弱く 拘縮・色素沈着を起こしやすいものです。また採皮部には面状の跡が残ります。 また 「全層植皮術 full thickness skin grafting : FTSG 」は 移植した皮膚の性質は時間を経過しても、 移植部位周囲の皮膚の性質に近づくことはあり得ません」。 ##7 よりまして 御相談者が「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」 をうけられたときから。 「痣はなくなりましたが、移植した皮膚とは肌質が違うので目立ちます。 大きさは、縦7センチ・横5センチの楕円形の様な形です。」 という「症状・症候」にいたる「運命」であrったのです。 ##8 このうえさらなる「皮膚移植:ひふいしょく」=「植皮:しょくひ」 にて「治療戦略」を模索してはいけない。 ##9 「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」 の「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により 「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」 により「治療戦略」をとるべきでしょう。 ##10 傷痕レーザー治療の場合ときおりキーワードになる 「CO2(炭酸ガス)レーザー」は「忘れてください」。 ##11 綺麗に直したいものです。 この相談への個別リンクは http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=62 http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=62 です。











山本クリニック世田谷,の公式ホームページ
形成外科の公式ホームページ 東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザー治療東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザー治療東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザーの知識 そして 東京都にある,世田谷の,山本クリニック世田谷,の酒さのレーザー治療相談掲示板東京都にある,世田谷の,山本クリニック世田谷,の酒さレーザー治療のホームページ山本クリニック世田谷
































「」
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM