眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な、山本クリニック、 世田谷、から本物のレーザーを受けたい。36歳女。長崎県在住。長崎から週一回通院可能です。

JUGEMテーマ:健康
JUGEMテーマ:コスメ
JUGEMテーマ:ファッション




山本クリニック、 世田谷 東京都、の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 山本クリニック、世田谷、東京都、のレーザー治療山本クリニック 、世田谷、東京都,のレーザー治療山本クリニック、 世田谷、東京都、のレーザーの知識 そして 山本クリニック、 世田谷、東京都、の酒さのレーザー治療相談掲示板山本クリニック、 世田谷、東京都,の酒さレーザー治療のホームページ 山本クリニック、 世田谷、東京都








ふたえ、や、目頭切開、の手術で失敗したときのレーザー治療。 目頭二重,の手術の傷痕で悩む。まぶたの,最新の,レーザー治療で,名医で有名な,山本クリニック,世田谷,東京都。 ふたえ、の手術の傷痕で悩む。まぶたのレーザー治療で名医で有名な、山本クリニック、 世田谷、東京都。 眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたのレーザー治療で名医で有名な、山本クリニック、 世田谷、東京都。 山本クリニック、 世田谷、東京都、にレーザー治療御願い致します。上眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な、山本クリニック、 世田谷、から本物のレーザーを受けたい。36歳女。長崎県在住。長崎から週一回通院可能です。 上眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な山本クリニック、 世田谷、東京都、から本物のレーザーを受けたい。36歳女。長崎在住。長崎から週一回通院可能です。
上眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで名医で有名な、山本クリニック、 世田谷、東京都、から本物のレーザーを受けたい。36歳女。長崎県在住。長崎から週一回通院可能です。 きずあと・傷痕・傷痕色素沈着・ケロイド・傷痕傷跡レーザー治療専門医・。 きずあと・傷痕・創傷の痕・創傷の跡・けがの跡・怪我の跡・怪我の痕・かおのきず・顔のきず・ケロイド・色素沈着・傷 痕レーザー・レーザー専門医・山本クリニック、 世田谷、東京都。




5年前、上まぶた1cm位の所から横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉を摘出、その部分が全体的に凹み、 中奥に表の瞼が癒着して凹んでいます。 美容整形をした医師にそれを相談すると、 凹みを治すにはその癒着をとるために瞼の1mm上を 全切開して癒着を綺麗に取り除き、脇から脂肪をとって注入するしかない。 全切開すると、白い傷痕が残ります。 きずあと・傷跡レーザー治療レーザーで評判の 世田谷区 山本クリニック・世田谷にレーザー治療御願い致します。 ------------------------------ 1・ 「上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 2・ 「上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 ------------------------------ の 「2つの「症状・症候」」の改善は 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で可能であると考えます。 また。 御相談者の御相談内容要旨御記載の 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「上眼嶮(うわまぶた)」の「症状・症候」は。 「組織欠損の「症状・症候」」ですが 「超精密機械」である「上眼嶮(うわまぶた)」 (「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが) の解剖学を深く理解されて施術をされるようであれば。 => 「再び「全切開法」で今度は脂肪を注入(移植)」とは 到底考えられないはずです。




「上眼嶮(うわまぶた)」の「リジャブ」=rejuvenation・リジャビュネーション。上眼レーザー −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 題名:上まぶたについて2
相談者:匿名希望 年齢:0 性別:女性 
地域:長崎県  上まぶたについて2

Wednesday, July 15, 2009 1:32 PM
相談掲示板の中で。
「御相談ログ番号」 50 でログ検索で検索をされてください。
あるい相談掲示板の中のはキーワード検索「上まぶたについて」
で検索されてください。






5年前、 上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。 美容整形をしたお医者さんにそれを相談すると、 へこみを治すにはその癒着をとるためにまぶたの1ミリ上を 全切開して癒着をきれいに取り除き、脇から脂肪をもってきて注入するしかない。 と言われたのですが、 全切開すると、白い傷痕が残り、 脂肪もきれいに注入できるかわかりません。 でもまぶたの癒着をはがし、 脂肪がないところには注入しなければこの癒着とへこみは治らないでしょうか? 全切開しないで脂肪注入*もしないで癒着とへこみを治す方法はないでしょうか? *すみません。脂肪注入ではなく、脂肪移植でした。 でも、レーザーをやって、 とってしまった脂肪や筋肉は生えてくるわけでは ないのではないでしょうか? 抜いたところには脂肪移植しないと元通りにはならないような気がします。 そこの所がよくわかりません。 脂肪移植しないでどうやって 新たな脂肪が生まれてくるのか、 そこをお聞きしたいです。 まぶたの全体的なへこみというのは、 脂肪と筋肉がないことによるものだと言われました。 レーザーで脂肪を増やすことは可能なのでしょうか? どうしても治したくて必死で御相談をしています。 現在、上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?


  ログ番号50です。 A/ 御回答要旨 「御相談者」の「症状・症候」を御表現されている さまざまな御表現は。 適切な表現が思い浮かばないのですが。 「正確」とは思えません。 けれども 前回に「御回答」致しましたように。 「御相談者」に存在する 明確な「症状・症候」として「御記載」のある ------------------------------ 1・ 「上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 2・ 「上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 ------------------------------ の 「2つの「症状・症候」」の改善は 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で可能であると考えます。 また。 御相談者の御相談内容要旨御記載の 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「上眼嶮(うわまぶた)」の「症状・症候」は。 「組織欠損の「症状・症候」」ですが 「超精密機械」である「上眼嶮(うわまぶた)」 (「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが) の解剖学を深く理解されて施術をされるようであれば。 => 「再び「全切開法」で今度は脂肪を注入(移植)」とは 到底考えられないはずです。 「御受け持ちの先生」も一生懸命で いらっしゃることがよくわかります。 けれども 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「超精密機械」に対して 「re-do:リドゥー:再手術」を 御相談者の御相談内容要旨御記載のとおりの「症状・症候」である のであれば。 もう「re-do:リドゥー:再手術」としてメスをいれるべきではないです。 下記に少し詳しく説明到します。


B/詳しい「御回答」1 「5年前、上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 との事です。 「5年前、上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい」 との事ですが 非常に不思議におもえることがいくつかあります。 この御相談者の御相談内容要旨御記載の「局在部位」 が御相談者の御相談内容要旨御記載どおりであるとすれば。 => 「上眼嶮(うわまぶた)」の中央部位ですから には 「脂肪組織」はありません。 「脂肪と筋肉をとってしまい」の「筋肉」はなんという筋肉 なのでしょうか。


B/詳しい「御回答」2 まぶたは表面から順に、 皮膚、 「眼輪筋〈がんりんきん〉」 「眼窩隔膜〈がんかかくまく〉」 「眼瞼挙筋〈がんけんきょきん〉」 「ミュラー筋」 「眼瞼結膜〈がんけんけつまく〉」 という層状の構造になっています。 人体のほかの部分は皮膚の下に脂肪があってその下に筋肉があります。 まぶたは「皮膚」のすぐ下にも筋肉があり脂肪組織はありません 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 眼嶮は「超精密機械」であり「軽くできています」。 この「超精密機械」としての 特殊な構造が微細な動きを可能にしているのです *まぶたでも眉毛や頬に近いほうには脂肪があります。 「美容整形をしたお医者さんにそれを相談すると、 へこみを治すにはその癒着をとるためにまぶたの1ミリ上を 全切開して癒着をきれいに取り除き、脇から脂肪をもってきて注入するしかない。 と言われたのですが、 全切開すると、白い傷痕が残り、 脂肪もきれいに注入できるかわかりません。」 との事です。 「癒着:adhesion:アドヒージョン」は「形成縫合線」には 必ず「発生」致します。 「切創」は 「癒着:adhesion:アドヒージョン」によって「縫着:ほうちゃく」 が完成到します。 だから一度「癒着:adhesion:アドヒージョン」が完成した 組織を再度「前回の「形成縫合線痕」にそってはがす」ことは まず「不可能」です。 もしも 行う場合は「顕微鏡手術」で行う手術方法で行います。 「へこみを治すにはその癒着をとるためにまぶたの1ミリ上を 全切開して癒着をきれいに取り除き、脇から脂肪をもってきて注入するしかない。」 は。 極めて判りやすく言えば 「その部位の何らかの「組織欠損」」が「病態」である。 そして 「癒着:adhesion:アドヒージョン」は 関係ないのではないでしょうか。


B/詳しい「御回答」3 「でも、レーザーをやって、 とってしまった脂肪や筋肉は生えてくるわけでは ないのではないでしょうか?」 脂肪組織に関しては 「脂肪注入」にしろ「何にしろ」。 人体から「とりだした段階」で「その組織は死にます」。 「脂肪注入」のあと「脂肪」は「脂肪」としてのこるわけはありません。 「脂肪注入」の脂肪は「真皮の「マクロフアージ;macrophage」あるいは 「貪食細胞」という「白血球」の一種」にたべられて 自然に「消滅」到します。 「御自分」の脂肪組織とはいえ「注入」にしろ「脂肪移植」 (という概念も用語もありませんが) は体内にはいってその瞬間から「異物」としての反応を起こします。 そして結局線維芽細胞という細胞におきかわり 線維化がおきます。 これが「瘢痕:はんこん」の「状態」です。 「でも、レーザーをやって、 とってしまった脂肪や筋肉は生えてくるわけでは ないのではないでしょうか?」 => 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である 「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」= 「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」 の「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で。 「なにもないところに」 「脂肪組織:adipose tissue」や「筋肉:muscle」 ははえてきませんが。 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である 「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」= 「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」 の「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で。 今現在そこのある 「脂肪組織:adipose tissue」や 今現在そこのある「筋肉:muscle」を 増やすことも減らすこともできます。*


B/詳しい「御回答」4 * ------------------------------ ある有名な「レーザー光照射」の「御施設」 で「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」で 殿部の「レーザー光照射」により 「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」はきえたのですが 「皮下結合組織」および「脂肪」までとんでしまい 「親指のさき」がはいるくらいの空隙ができて凹んでしまわれた 「御婦人」の患者さん がいらっしゃいました。 => ある有名な「レーザー光照射」の「御施設」 の「御受け持ちの先生」から 「水疱瘡の痕」くらいならなんとかなるが「これほど大きい」 と「「レーザー光照射」では不可能」といわれたそうです。 当院の「レーザー光照射」ですっかり改善されて ある有名な「レーザー光照射」の「御施設」 の「御受け持ちの先生」から「これはどのようにして!」 と絶句されたそうです。 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 のやりかたで「プラス・マイナスを逆にすれば」 「皮下結合組織」や「脂肪組織:adipose tissue」を 減らすこともできます。 ------------------------------


B/詳しい「御回答」5 御相談者の御相談内容要旨御記載の 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「上眼嶮(うわまぶた)」の「症状・症候」は。 「組織欠損の「症状・症候」」ですが 「超精密機械」である「上眼嶮(うわまぶた)」 (「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが) の解剖学を深く理解されて施術をされるようであれば。 => 「再び「全切開法」で今度は脂肪を注入(移植)」とは 到底考えられないはずです。 「御受け持ちの先生」も 一生懸命でいらっしゃることがよくわかります。 けれども 「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが 「超精密機械」に対して 「re-do:リドゥー:再手術」を 御相談者の御相談内容要旨御記載のとおりの「症状・症候」である のであれば。 もう「re-do:リドゥー:再手術」としてメスをいれるべきではないです。


B/詳しい「御回答」6 「現在、上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 「現在、上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。」 => まぶたは表面から順に、 皮膚、 「眼輪筋〈がんりんきん〉」 「眼窩隔膜〈がんかかくまく〉」 「眼瞼挙筋〈がんけんきょきん〉」 「ミュラー筋」 「眼瞼結膜〈がんけんけつまく〉」 という層状の構造になっています。 「瞼板〈けんばん〉」 はまぶたの中にあるやや硬い組織で、 薄く繊細なまぶたを支える支柱のような役割を果たしています。 御相談者の御相談内容要旨御記載どおりであれば 「現在、上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。」 「眼輪筋〈がんりんきん〉」 「眼窩隔膜〈がんかかくまく〉」 が「局在部位」で「欠損」していることになります。 こような大それたことの「病態」であれば 「御相談者」は「開眼と閉眼障害」の双方が発生しているはずですから。 「現在、上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて・略・。」 は「なにかの間違い」ではないでしょうか。 「多重眼嶮」になるだけではすみません。



B/詳しい「御回答」7 「その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 の 文章が。 「御相談者」の「症状・症候」を御表現が 適切な表現が思い浮かばないのですが。 「正確」とは思えません。 けれども 前回に「御回答」致しましたように。 「御相談者」に存在する 明確な「症状・症候」として「御記載」のある ------------------------------ 1・ 「上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 2・ 「上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 ------------------------------ の 「2つの「症状・症候」」の改善は 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で可能であると考えます。



B/詳しい「御回答」8 「目は口ほどに物を言う」目の表情 の「上眼嶮(うわまぶた)」 は下記の「1・」ー「8・」 の「解剖学的」および「臨床神経局在診断学」 に裏づけされています。 これは氷山の一角でもあるのです。 「上眼嶮(うわまぶた)」の「形成外科」解剖学 につき簡単にご説明致しておきます ------------------------------ 「1・」 まぶたの筋肉と神経 まぶたは表面から順に、 皮膚、 「眼輪筋〈がんりんきん〉」 「眼窩隔膜〈がんかかくまく〉」 「眼瞼挙筋〈がんけんきょきん〉」 「ミュラー筋」 「眼瞼結膜〈がんけんけつまく〉」 という層状の構造になっています。 「口ほどに物を言う」目の表情は、 これらの筋肉が互いに微妙に変化して作り出しています。 「2・」 これらの まぶたを開く動作には三つの筋肉が関係していて、 それぞれ別の神経の指示を受けて動きます。 最も重要なのは上まぶたにある眼瞼挙筋です。 これは「動眼神経:第3脳神経・?」の「神経支配」を受けています。 眼瞼挙筋の下にはミュラー筋があります。 これは内頚動脈にまきつきながら「頭蓋底」より 「頭蓋底」内にはいる「交感神経」の「神経支配」を受けています。 驚いたときや興奮したときに意思とは関係なく、 少し目を見開くように働きます。 まぶたからやや離れた眉毛のあたりにある 前頭筋〈ぜんとうきん〉は表情筋〈ひょうじょうきん〉 (顔だけにあり、皮膚を動かすことができる筋肉)の一部で、 「顔面神経:第?脳神経」の「神経支配」を受けます。 反対にまぶたを閉じるのは、 上下両方のまぶたにある眼輪筋で、 「顔面神経:第?脳神経」の「神経支配」を受けています。 「3・」 「口ほどに物を言う」目の表情は、 これらの筋肉が互いに微妙に変化して作り出しています。 「4・」 瞼板〈けんばん〉 瞼板はまぶたの中にあるやや硬い組織で、 薄く繊細なまぶたを支える支柱のような役割を果たしています。 「5・」 内部には眼球表面に油分を供給するための 分泌腺〈ぶんぴつせん〉(脂腺〈しせん〉)があります。 まつ毛の根元の近く(瞼縁〈けんえん〉)にその開口部が並んでいます。 「6・」 眼窩隔膜〈がんかかくまく〉と前葉〈ぜんよう〉・後葉〈こうよう〉 という構造物がああります。 「7・」 頭蓋骨が凹んで眼球が収まっている部分全体が「眼窩〈がんか)」です。 「眼窩〈がんか)」は 「眼窩隔膜」という薄い膜で周囲の組織と隔てられています。 まぶたの眼窩隔膜は、 眼窩骨〈こつ〉の縁〈ふち〉から 瞼板に向かって広がっています。 眼窩隔膜の前(皮膚や眼輪筋)を前葉、 後ろ(眼瞼挙筋や瞼結膜)を後葉といいます。 「病態」の原因が後葉にあると、眼球へより大きな影響を及ぼします。 「8・」 睫毛〈しょうもう〉 睫毛(まつ毛)は 目にゴミや汗が入らないようにするとともに、 異物を感知するセンサーの働きをします。 まつ毛になにかが触れると反射的に目をつぶり、 眼球を保護しているまぶたの働きを助けます。 瞬目〈しゅんもく〉の役割 瞬目(まばたき)は、 目にゴミが入りそうなときにそれを防ぐためだけでなく、 涙の分泌を促したり、 角膜〈かくまく〉・結膜上の涙を涙道へ導く役割もあります。 これらは「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の 「脊髄路」という神経線維が 「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」「脊髄路核」 からでて「制御」センサーの役目をなしています。 ------------------------------ 「目は口ほどに物を言う」目の表情は このような「超精密機械」としての各種構造物にて 制御されています。 「目は口ほどに物を言う」目の表情 の「上眼嶮(うわまぶた)」 は上記の「1・」ー「8・」 の「解剖学的」および「臨床神経局在診断学」 に裏づけされています。 これは氷山の一角でもあるのです。


「御相談者」の「症状・症候」を御表現されている さまざまな御表現は。 適切な表現が思い浮かばないのですが。 「正確」とは思えません。 けれども 前回に「御回答」致しましたように。 「御相談者」に存在する 明確な「症状・症候」として「御記載」のある ------------------------------ 1・ 「上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して 脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、 しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」 2・ 「上まぶたの皮膚が 奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。 その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった 脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」 ------------------------------ の 「2つの「症状・症候」」の改善は 「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による 「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」= 「レーザー・リサーフエシング」 で可能であると考えます。


山本クリ ニック美容外科 世田谷 山本博昭
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html

hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp



ps ------------------------------ 同じように眼瞼の「傷痕」に関する 「傷痕レーザー外科」の「範疇(カテゴリー)」の患者さん の「過去の御相談と御回答」 が 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html あるいは http://www.clinicayamamoto.com/ http://www.clinicayamamoto.com/list_B.php にあります。 山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から。 1・ 上眼嶮(うわまぶた)の凹みが気になり脂肪注入後にしこりと凹凸 [2] [2007年 6月27日 9時49分54秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/364102323613228.html 2・ 10年前の上嶮の脂肪除去手術の傷痕レーザー [2] [2005年10月23日 13時58分40秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/261070149791525.html を御参照頂けますか。 そして 「傷痕」の傷痕レーザー治療に関しましては ちょっと長いですが。 山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板 2003/7/24-2009/02/25 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html の「過去の御相談と御回答」から。 「傷痕レーザー外科」に関する「過去の御相談と御回答」編集版11 [2] [2008年 5月17日 20時59分 3秒] http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/400402011889131.html を御参照頂けますか。 綺麗に治したいですね。 「御顔」の施術に関しましては すべからくの「部位と範囲」に共通する 注意点になりますが。 「上眼嶮(うわまぶた)」「下眼嶮(したまぶた)」 の「形成外科再縫合」の「形成外科」の施術に関しましては くれぐれも慎重に進路をお取りいただきますように。 上記あくまでもご参考にまでお留めおき ご無事にお大事にされて下さいませ。 取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、 誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。 なおpsに 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都 住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1(せたがやく みなみからすやま) http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map2.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10 -p.html の 「初診のしおり」を書き添えます。 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/847297527435334.html ------------------------------ 綺麗に治したいですね。 私も頑張ります。 世田谷区 山本クリニック・世田谷・東京都 http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci http://www.clinicayamamoto.com/list_B.php http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html




山本クリニック、 世田谷 東京都、の公式ホームページ と形成外科公式ホームページ 山本クリニック、世田谷、東京都、のレーザー治療山本クリニック 、世田谷、東京都,のレーザー治療山本クリニック、 世田谷、東京都、のレーザーの知識 そして 山本クリニック、 世田谷、東京都、の酒さのレーザー治療相談掲示板山本クリニック、 世田谷、東京都,の酒さレーザー治療のホームページ山本クリニック、 世田谷、東京都















続きを読む >>

「サイアミン:ビタミンB1」欠乏によりおこる「意識障害」「眼球運動障害」「運動失調」を「3徴候」とする「病態」で御座います。

ご心配なことと存じます。



++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「ウエルニッケ脳症」=
「ウェルニッケ脳症:Wernicke encephalopaty」
の「御父様」の御相談です。

「ウェルニッケ脳症」とは慢性低栄養のかたがなられる
「病態」で御座います。

「サイアミン:ビタミンB1」欠乏によりおこる
「意識障害」「眼球運動障害」「運動失調」

を「3徴候」とする「病態」で御座います。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++






#1
##1
「58歳の父の事でご相談があります。
父は12年前に胃ガンになり胃を全摘して、空腸を胃の代わりにしています。
昨年の2月から空腸の働きが悪くなり、嘔吐し食事が全く出来ない状態になる
という症状が3ヶ月毎に起こり入退院を繰り返しています。
一度昨年5月に食事が出来ない為ビタミンB1不足によりウェルニッケ脳症になりましたが、
処置が早かった為ビタミンB1注射で元に戻りました。
しかし、今年の3月ぐらいから、目が二重に見えたり、
4月からはふらつきや10分も連続して歩行ができなくなったり、
急に力が抜けて後ろに倒れたりしました。
4月末に、また食事ができなくなり、かかりつけの病院に入院した際に、
またウェルニッケ脳症も再発している事がわかり、ビタミンB1の注射をしてもらいましたが
全くよくならず、どんどん症状は悪化しています。
現在は、ベットから起き上がる事もあまりできません。
主治医に本日尋ねたところ、度重なる病気で、血液中にはビタミンB1が補充されていても、
脳の動きが悪く、ビタミンB1を吸収できなくなっており
ウェルニッケ脳症の症状が進行していると言われました。
今の医学では、これ以上の処置はできないと言われたのですが、本当でしょうか。
症状が進行していくと、どういう状態になるのでしょうか。
どんどん悪化する父を見ていると心配でたまりません。

長々と書いてしまいましたが、どうかよろしくお願いします。」
との事です。



#2
##1
「58歳の父の事でご相談があります。
父は12年前に胃ガンになり胃を全摘して、
空腸を胃の代わりにしています。

昨年の2月から空腸の働きが悪くなり、
嘔吐し食事が全く出来ない状態になる
という症状が3ヶ月毎に起こり入退院を繰り返しています。」

=>
「癒着性のイレウス:腸閉塞」の「病態」であると考えます。
それから御父様に「アルコール」の履歴はおありであるかも
気懸かりなところです。

##2
「一度昨年5月に食事が出来ない為ビタミンB1不足により
ウェルニッケ脳症になりましたが、
処置が早かった為ビタミンB1注射で元に戻りました。」
との事です。

##3
本当に宜しかったですね。

##4
「ウェルニッケ脳症」とは慢性低栄養のかたがなられる
「病態」で御座います。

##5
「サイアミン:ビタミンB1」欠乏によりおこる
「意識障害」「眼球運動障害」「運動失調」
を「3徴候」とする「病態」で御座います。


##6
「サイアミン:ビタミンB1」を速やかに投与することが
何よりも何よりも重要で御座います。


#3
##1
「しかし、今年の3月ぐらいから、目が二重に見えたり、
4月からはふらつきや10分も連続して歩行ができなくなったり、
急に力が抜けて後ろに倒れたりしました。」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
この「症状・症候」は「ウェルニッケ脳症」の再発と考えられます。


#4
##1
「4月末に、また食事ができなくなり、
かかりつけの病院に入院した際に、
またウェルニッケ脳症も再発している事がわかり、
ビタミンB1の注射をしてもらいましたが
全くよくならず、どんどん症状は悪化しています。
現在は、ベットから起き上がる事もあまりできません。
主治医に本日尋ねたところ、
度重なる病気で、血液中にはビタミンB1が補充されていても、
脳の動きが悪く、ビタミンB1を吸収できなくなっており
ウェルニッケ脳症の症状が進行していると言われました。」
との事です。

##2
「サイアミン:ビタミンB1」に「症状・症候」が反応されていない
ようです。


#5
##1
元来「ウェルニッケ脳症」の病巣は
「「視床内側核群」と「乳頭体」、「中脳水道周囲灰白質」に
及びます。

##2
「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
ではないのだけれども。

##3
「ウェルニッケ脳症」の病巣の「「視床内側核群」と「乳頭体」、
「中脳水道周囲灰白質」
の「症状・症候」がとれない・寛解されない状態であると判断致します。



#6結論:
##1
「今の医学では、これ以上の処置はできないと言われたのですが、本当でしょうか。
症状が進行していくと、どういう状態になるのでしょうか。
どんどん悪化する父を見ていると心配でたまりません。」
との事です。

##2
「ステロイド」大量投与を施行する場合もありますが
一般的ではありません。

##3
低栄養の患者さんが入院されていきなりブドウ糖のみの点滴を大量に行うと。
残存している「サイアミン:ビタミンB1」を一気に消耗してしまい
「ウェルニッケ脳症」の「症状・症候」をだしてしまうこともあります。

##4
けれども
そのようなこともなかったようです。

##5
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##6
「長々と書いてしまいましたが、どうかよろしくお願いします。」
との事です。

##7
「中枢神経系」の「病態」はどのようなときも
希望を捨てられないで下さい。

##8
今は御父様の回復を待たれるときでもどかしいかも
しれないけれども
「まつ」時期であろうと今の私は考えます。

##9
絶対にあきらめないであせらずに「好転」を待たれて下さい。


##10
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を
・一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年7月8日 12時34分23秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*




58歳の父の事でご相談があります。
父は12年前に胃ガンになり胃を全摘して、空腸を胃の代わりにしています。
昨年の2月から空腸の働きが悪くなり、嘔吐し食事が全く出来ない状態になる
という症状が3ヶ月毎に起こり入退院を繰り返しています。
一度昨年5月に食事が出来ない為ビタミンB1不足によりウェルニッケ脳症になりましたが、
処置が早かった為ビタミンB1注射で元に戻りました。
しかし、今年の3月ぐらいから、目が二重に見えたり、
4月からはふらつきや10分も連続して歩行ができなくなったり、
急に力が抜けて後ろに倒れたりしました。
4月末に、また食事ができなくなり、かかりつけの病院に入院した際に、
またウェルニッケ脳症も再発している事がわかり、ビタミンB1の注射をしてもらいましたが
全くよくならず、どんどん症状は悪化しています。
現在は、ベットから起き上がる事もあまりできません。
主治医に本日尋ねたところ、度重なる病気で、血液中にはビタミンB1が補充されていても、
脳の動きが悪く、ビタミンB1を吸収できなくなっており
ウェルニッケ脳症の症状が進行していると言われました。
今の医学では、これ以上の処置はできないと言われたのですが、本当でしょうか。
症状が進行していくと、どういう状態になるのでしょうか。
どんどん悪化する父を見ていると心配でたまりません。

長々と書いてしまいましたが、どうかよろしくお願いします。

[2004年7月8日 12時25分14秒]


「」
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM